About

このキャンペーンは、福岡市が世界の都市に先駆けて、持続可能な都市のモデルを示すべく、NPOイマジンが実施しているものです。

大量生産大量消費のパラダイムは終わりました。規模を追求するのではなく、持続可能かどうかで判断する時代です。

中央集権から地方分権に、原子力エネルギーから自然エネルギーへ。

どの町も事情はそれぞれ違います。それぞれの待ちの事情に合わせて、地球的視野になって、市民自らが判断し取り組んでいくことが重要です。みんな違ってみんな良い。

このキャンペーンについての概要をこちらに掲載しています。